紫外線による肌のダメージは水分不足に繋がる

鏡を見て肌を気にする女性

紫外線を浴びることで、肌はさまざまなダメージを受けることになります。
美容に関心の高い女性にとっては、紫外線によるダメージは、かなり酷な内容が多いです。
紫外線は皮膚をどんどん乾燥させていきます。
人間の皮膚には、潤いを維持する保湿成分があります。
ですが紫外線を浴びることで、最も表皮に近い部分にある角質層が、紫外線のダメージを受けます。
大切な水分は奪われますから、バリア機能はどんどん低下していきます。
古くなった皮脂脂肪を、回復の為に垢としてはがし、細胞を押し出すことになります。
水分不足で機能が正常ではないため、皮膚は余計水分不足になります。

紫外線のダメージとして、シミやソバカスも出来やすくなります。
皮膚にはメラニンを生産するメラノサイトがありますが、紫外線量が多すぎると、メラノサイトの量が過剰になります。
ソバカスは遺伝の要素もあると言いますが、紫外線をたくさん浴びたために、シミと同じように肌に表れて、残りやすいです。
サンスクリーン剤などでのケアをしないで、紫外線を浴び続けると、皮膚は徐々に敏感になっていきます。
角質のバリア機能が低下して、肌が弱くなるためです。

シワやたるみは、年齢を重ねたためだと思っていたら、それは違います。
実はシワができやすいとか、顔がたるみやすいというのは、紫外線のダメージでもあるためです。
皮膚の奥にある皮脂というのは、コラーゲンの成分が70%を占めています。
皮膚の弾力や、ふっくらしたハリは、このコラーゲンなどによって維持されているものです、しかし紫外線をたくさん浴びてしまうと、コラーゲンは硬くなってしまい弾力は失われていきます。
紫外線は、肌にとってダメージが大きいのです。

サイト内検索
最近の投稿
鏡を見て肌を気にする女性

紫外線による肌のダメージは水分不足に繋がる

2019年7月26日

2019年7月9日

人気記事一覧
1
乾燥から肌を守ろう

2019年07月09日

(292 Views)

2

紫外線による肌のダメージは水分不足に繋がる

2019年07月26日

(237 Views)

3
赤毛の人は皮膚病になりやすい?

2019年08月15日

(232 Views)

4
5